観葉植物
与太郎の妄想独り言

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのおつかい ?小惑星探査機「はやぶさ」に寄せて?

最初にお断りをしておきますが、今回は完全な俺得記事です。

既にニュースでも報じられていますので目にしている方もいるでしょうか。
現在地球帰還に向けて航行中の小惑星探査機「はやぶさ」が地球から約2万?まで近づく軌道に乗り、地球への帰還がほぼ確実となりました。
あとは6月の帰還に向けて、5回(予定)の細密誘導を残すのみとなりました。
それでもまだ予断を許さない状況であるのも、変わりは無いのですが。
そんな「はやぶさ」の事で語っておきたいと思う事がいくつかあるので、独白を垂れ流しておきます。
ただ好きなだけの素人の戯言なので格納しておきますが、出来たらお付き合い頂けると嬉しいです。

日本の科学技術は世界でも最高のレベルなのに、当の日本が一番評価しない現状には納得できません。




小惑星探査機「MUSES-C」、通称「はやぶさ」。
以前にも2度ほど記事にした事のある、日本の打ち上げた「工学実験衛星」です。
この衛星に課せられた目的の内、もっとも有名なのが「サンプル・リターン」。
目的地の小惑星「イトカワ」の表面サンプルを地球まで持ち帰る、と言う物です。
太陽系生成直後の姿を留めた星のサンプルを調べることで、原始太陽系の謎の手掛かりを得るためです。
誰の目から見ても成果が分かりやすいからでしょう。
このミッションばかりが取りざたされていますが、「はやぶさ」の目的はもちろんそればかりではありません。
目には見えにくいのですが、他にも沢山の重要なミッションを背負っていたんです。

実は「はやぶさ」自身が、様々な工学技術を実証するための技術試験衛星なんです。
幾多の「世界初」の技術を身にまとい、「誰もやった事のない」ミッション技術を確立し、そのため今後必要となるだろう重要な技術を実証すること。
「はやぶさ」の存在そのものが既に重要なんです。
無駄なことや不要な事など一つとしてありません。
その中でも、最も重要なこと。
それが「ミッションを完遂すること」。
それは「はやぶさ」はどんなことがあろうとも死んではならない、と言う事です。

P名無し(johnnyさん):探査機はやぶさにおける、日本技術者の変態力


「はやぶさ」関連で今一番有名な動画だと思います。
俺自身、「はやぶさ」を知らない知人には、まずこれを紹介しているくらいです。
「はやぶさ」を襲う様々なトラブルと、それを見越したかのような対策の数々。
日本の技術者の、ある意味変態的ですらある対応が見て取れます。

そんな中に、「壊れないように作れ」的なコメントをいくつか見うけました。
お説ごもっともではあるのですが、申し訳ありませんが「的外れ」な意見だと断言させてもらいます。
壊れることを前提に作っている訳でも、壊れるように作っている訳でもありません。
当たり前の事ですが、壊れないように設計しています。
ここで重要なのは、宇宙空間と言うのは地球上からは想像できないほど過酷な環境である、と言う事です。
そしてそれは、地球上では再現が出来ません。
データと言う数字でしか知り得ない状況に、初めての技術を投入するんです。
どんなに頑張っても盤石を期することは不可能です。
だからこそ、「どんなことがあっても」ミッションを完遂するための対策が必要なんです。

この動画の中で紹介されているトラブルとその対応策は、ある程度までは想定されていたモノです。
それは今まで打ち上げて来た、たくさんの衛星たちが残してくれたデータがあればこそ。
そこから得たノウハウを生かした技術を受け継ぎ、育て上げた技術者たちがいたからこそです。
それでも想定を超えたトラブルは、必ず起こります。
初めての技術を投入すると言うのは、何が起こるか分からないと言う事。
しかも行き先は3億?彼方の小惑星。
指令電波の送受信だけで40分くらい掛ってしまいます。
一々こちらから指示を出しても間に合いません。
そんなところに、たった一人で飛んで行くんです。
だから「はやぶさ」には、自立航法プログラムが組み込まれています。
「はやぶさ」は探査衛星の体を成していますが、その中身は「ロボット」なんです。
誰も助けに行けない、誰にも頼る事が出来ない。
だから自分で判断して、自分で行動を決定しなければなりません。
逆に言えば、司令センターでは「はやぶさ」のリアルタイムの情報は分からないと言う事です。
何が起こっているかも分からず、ただ待つ事しか出来ない。
何が起こっても全て後手に回ってしまうもどかしさ。
我が子を「はじめてのおつかい」に出した親の心境そのものです。
絶望的なトラブルの数々に見舞われても、決して諦めない。
それは決して見捨てない、親の愛情です。

「はやぶさ」は4月1日現在、地球から約2600万?まで近づいています。
ここまでの「はやぶさ」は、与えられたミッションを完璧にこなしてきました。
さらにトラブルの賜物ですが、いくつかの理論の実証まで成功させました。
残すミッションは、三つ。
・地球へ帰還する事。
・採取したサンプルの入ったカプセルを、地表に投下する事。
・100%地球に衝突するコースを辿り、後の軌道計算の基礎研究に役立てる為に、大気圏に突入すること。
三つ目のミッションは、帰還途中に追加されたミッションです。
本来ならば、三つ目には別の探査ミッションが加えられるはずでした。
しかし既に姿勢制御スラスタが全損しているため、細密な姿勢・速度制御が出来なくなっています。
そのため、地球帰還にも曲芸張りの技術が使われる事となります。
・太陽光圧(ソーラーセイル)を利用した姿勢変更。
・メインスラスターのみの速度と方向の微調整。
・スウィングバイを利用した重力ブレーキと大気を利用したエアブレーキを併用した減速。
この他にも様々な調整をこなして、針の穴を通すよりも緻密なコントロールで地球周回軌道へ。
そしてサンプルの入っているだろうリエントリカプセルを投下する訳ですが。
既に姿勢制御がおぼつかない「はやぶさ」に確実にカプセルを投下させる為には、大気圏突入が避けられない高度まで降下するほかに方法が無くなってしまいました。
「はやぶさ」は地球に帰還しても、大気圏で燃え尽きる運命となってしまったんです。
だから三つ目のミッションは、軌道計算の役に立てる事になったんです。
現在も地球の傍を通過する小惑星は、話題にこそなりませんが毎年数個単位で接近します。
それらがはたして地球に衝突するコースを辿っているのか、正確な軌道計算にてこずっているのは世界共通なんです。
今後は「はやぶさ」の帰還コースのデータが、より早く・正確に教えてくれる事になります。
小惑星が地球に衝突するような大災害を未然に防ぐ為に大きな意味を持つ、重要なミッションです。

「はやぶさ」は最後まで無意味なモノの無い、世界初の地球重力圏外への往復を成功させようとしています。
これほどまで不死身の探査機は、世界中探しても日本からしか生まれてきません。
日本以外の国はここまで頑張らなくても、「次があるから」失敗として見捨ててしまえますから。
でも技術立国を目指す日本では失敗は許されず、成果が上がらなければ厳しく断じられてしまいます。
そのくせ必要な予算も時間も、与えてはくれません。
最悪なのは、結果を出しても理解してもらえず、見向きもしてもらえない事です。
そこで得たノウハウや立証された技術を育て、発展させようと言う意識が日本にはありません。
世界レベルでもトップを狙える技術者がいる国が。
「2番目じゃダメなんですか?」などと言う素っ頓狂な発言と共に。
科学技術関連の予算を「無駄」といってバッサリと切り落としてしまいました。
目の前の目に見える物だけに囚われた即物的な考え方では、日本の技術は廃れてしまいます。
目には見えないし、成果が出るまで時間が掛る、だからこそ育てる事に意味がある。
そんな基本的な事を忘れてしまっては、日本と言う国そのものがダメになってしまいます。
「はやぶさ」の帰還が、そんな日本に対する警鐘にはなってほしくありません。
そんな事のために「はじめてのおつかい」に行った訳じゃないのですから。

「はやぶさ」の地球帰還は6月の予定。
それまでに、「はやぶさ」にまつわる他の科学技術についても少し語って行きたいと思います。
「はやぶさ」を語るには、どうしても忘れて欲しくないモノがあるので。

5月には金星探査機「あかつき」とソーラーセイル実証機「IKAROS」が打ち上げられる予定です。
これを機会に一人でも多くの人が、日本の科学技術に興味を持って欲しいと思います。
その中から次の世代の素晴らしい技術者が生まれて来たら、素敵な事だと思います。

P名無し(johnnyさん):探査機はやぶさ 「はやぶさへの手紙」


この記事がそのためのお手伝い、とまでは言いませんが興味の入り口くらいになればいいなぁ。


スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yota323.blog63.fc2.com/tb.php/247-68ae287c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

よた

Author:よた
色々と残念な親父です。

でも人生楽しんでます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
ご挨拶 (9)
SS (16)
ニコマス (125)
ニコニコ動画 (17)
はるるん (30)
雑記 (28)
携帯 (2)
美希 (27)
iM@S SP (2)
VOCALOID (34)
ネタ (3)
雪歩 (9)
MikuMikuDance (45)
写真 (10)
JAXA (13)
UTAU (4)
アイマス2 (5)
重音テト (2)

フリーエリア


My List
by yota39

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。