観葉植物
与太郎の妄想独り言

2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝説に残る名勝負

「アイドル・アルティメット」(以下IUと表記)セミファイナルに参加して。

ライオン?伊織とやよいのサバイバル


エピローグ ?伊織とやよいのサバイバル


久しぶりの痛い妄想独り言になりますので、格納しておきます。
馬鹿話にお付き合い頂ける奇特な方のみどうぞ。






視聴者参加型の公開オーディション。
俺にとってこれは、現実の真剣勝負でした。

俺は、俗に言う所の「アイドル」と言うやつには興味がありませんでした。
最近では「AK○48」とか「Per○ume」、「モー○ング娘。」やら「おニャン○クラブ」だとか。
どちらかと言えば、積極的に嫌いでした。

そんな俺が好きなのは「アイドルマスター」ではありません。
アイドルマスターの世界にいる「アイドル候補生達」が好きなんです。
真剣にアイドルの頂点を目指す、そのひたむきな姿勢が好きなんですね。
そんな彼女たちの一番の「仕事」の形として、PV系の動画ばかりを見て回っているんです。
しかしその陰には、オーディションと言う「ふるい」が待ち構えています。
アイマスにおけるオーディションは、俺は勝負だとは思っていません。
プロの審査員達に「認めてもらう」事だと思っています。
ステージへの出場枠を手にするため、自分の魅力を全力でアピールする場。
視聴者や観客をわかせて、ステージを成功させられる事をアピールする場。
だから出場枠は1つだけではないものもあるし、チャンスも一度きりではありません。

でも「IU」は違います。
幾多の予選を「勝ち抜き」、たった一つのトップアイドルの座を「勝ち取る」イベント。
チャンスはたった一度だけ。
頂点に用意された席もたった一つだけ。
残れるのはたった一人だけ。
そこになじめなくて、ミッシング・ムーンはコンプリート出来ていません。
パーフェクト・サンとワンダリング・スターも、買ったとしても同じ結果になるんだろうなぁ。
だってIUに勝つという事は、そこに参加している他のアイドル達の未来を潰すことになるから。
それは765プロと961プロだけじゃない。
それ以外の参加者全員の事。
担当しているアイドルに、そんな物まで背負わせたくは無いし。
だからといって、打ち捨ててしまう事はもっとできない。
人気商売なのは百も承知で、そこだけに特化して他の可能性を踏みつぶしてしまうのは納得できない。
俺は「IU」というイベントは、嫌いです。

そこをさらにつっこんだ設定にして、伊織とやよいの真剣勝負の場にしたのがこのイベント。
詳しくは元ネタのSSを読んでいただくとして。
二人の置かれた状況。
目指すべき場所。
信じている者。
お互いの想い。
それらを真正面からぶつけあい、全力で挑んだ「真剣勝負」。
そんな二人を目の当たりにしたからこそ、俺はやよい「だけ」に投票しました。

いつも懇意にしてくれているTomさんをはじめ幾人かのブログ、そしてイベント内で見受けられたコメント。
「両方に投票した。」
確かに動画作品としてエンターテイメントに考えたならば、盛り上がりに寄与したと言えるでしょう。
それでも一つだけ聞かせて下さい。

「伊織とやよいの二人が、それを望んだと思いますか?」

このイベントは「どちらかが勝ち残らなければならない」勝負でした。
伊織もやよいも、お互いに何かを失ってでも「勝ち残るため」に本気でぶつかりあっていました。
そんな二人の想いをくみ取って上げて欲しいというのは、我がままでしょうか。
選べなかった理由の一つとして「二人が限りなく同等に描かれていた」からだとは、Tomさんの弁ですが。
それこそ当たり前だと思います。
だってどちらかに優位に描かれていたら、その時点で「勝負」ではなくなってしまいますから。
だから同等に描かれた二人から、「どちらかを選ぶ」システムになっているんです。
それでも細かく見て行くと、決して同等には描かれてはいないんですけど。
そこも踏まえて、やはりどちらかを「選んであげて欲しかった」と思います。
二人はそのために、モニターのこちら側に向かってアピールしている訳ですから。
たとえ自分の気持ちを偽ってでも、とは言い過ぎですかね。
俺はそうする事しか出来ませんでした。

最後に投票について思った事を。
一部で「工作」と揶揄されている伊織への投票の件ですが。
個人的には、残念ながら「あり」と言わざるを得ません。
最終的にどれだけの有効票になったかは分かりませんが、一人で60コメ位入れた方がいらっしゃいまして。
これを「無効票」には出来ないんですよね。
だって「一人一票」なんて決まってないし。
視聴者に判定を委ねると言う事は、組織票を含めてこう言った事が起こるのが当たり前。
だから番狂わせや大逆転も、十分あり得る訳で。
八百長や出来レースとは違って、受け入れざるを得ない現実だったりします。
不特定多数の意思が介在すると言う事は、まとまりが無くなると言う事でもあります。
そこも含めての「ニコニコ動画」ですからね。

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yota323.blog63.fc2.com/tb.php/213-7c965eea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

よた

Author:よた
色々と残念な親父です。

でも人生楽しんでます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
ご挨拶 (9)
SS (16)
ニコマス (125)
ニコニコ動画 (17)
はるるん (30)
雑記 (28)
携帯 (2)
美希 (27)
iM@S SP (2)
VOCALOID (34)
ネタ (3)
雪歩 (9)
MikuMikuDance (45)
写真 (10)
JAXA (13)
UTAU (4)
アイマス2 (5)
重音テト (2)

フリーエリア


My List
by yota39

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。