観葉植物
与太郎の妄想独り言

2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近思うこと・番外 ?ネームバリュー

久しぶりのニコマス関連記事です。
記事にするにはちょっと纏まっていなかったんですが。
纏めにピッタリの物を見つけたので、勢いで吐き出してみます。

何本かの動画を紹介することになりますが、まずはこれ。

RidgerP:アイドルマスター アタシんちの美希は無限大


この記事を書こうと思ったきっかけの動画です。
相変わらずの独り言です。
長文が待っていますが、お付き合いいただける方は格納先へどうぞ。





有名P。
沢山居ますよね。
例えば俺ならば、whoP。
彼と彼の美希と出逢わなかったら、今の俺はここには居ません。

whoP:覚醒美希と、L4Uの茶髪美希の違いを比較・検証してみた。


この動画との出会いが、その後の俺に与えた影響は巨大だ。
もしこの動画と出会っていなくても、最終的には美希のことが好きになっていただろう。
俺が美希に魅かれたのは、必然だと言えるだけの理由はある。
でもそこに辿り着く前に、間違いなく他のアイドルに転んでいただろう。
その上で美希に鞍替えしていただろうなぁ。
それにしたって、ここまで美希のことが好きになれたかどうか。
そう言った意味で、whoPには適わないと思っている。
でもそれは、彼の動画なら何でも「傑作」だという理由にはならない。
寧ろ逆に、彼の作品「だからこそ」まず観てから評価したいと思う。
その上で、言いたいことがあればはっきり言っておきたいとも思っている。
彼の動画だけを、特別扱いはしたくない。
それは彼に対する冒涜だと、俺自身に言い聞かせている。
作品の評価は、作者で決まるものじゃないから。

ただ、いくら理由を付けても、やはり特別になる人っているんですよね。
RidgerPも、その一人のようです。

俺がRidgerPの作品を見たのは、「アタシんちの美希は無限大」が最初です。
初見感想は、「シンクロもすごいし、ダンスのチョイスやカメラワークのセンスもバツグンだ」。
それだけと言えば、それだけです。
何せRidgerPのことは、ほとんど知りませんでしたから。
唯一「リッジャー・ターン」と言う言葉を知っていた、くらいでした。
その後、あるツテから「太陽のあずさ」を見る機会を得ました。
カッコイイあずさを前面に押し出した、最初の動画と言うことだそうで。
この動画が、その後のニコマスP達に与えた影響の大きさは、計り知れない物があるようです。
しかし俺には、そこまでの作品には見えなかったんです。
何よりも「カッコイイあずさ」と言うのを感じなかったんです。
それはニコマス初期の動画だからとか、素材が無印だけだからとか、そう言う意味じゃなく。
純粋にどこがカッコイイのか分からなかった、というのが一番近いのかもしれません。
曲と雰囲気は確かにカッコイイと思いました。
でもあずさを含めて、ステージ上の三人はカッコ良くは見えませんでした。
魅力的では有りましたけどね。
これはやはり、その当時のニコマス界隈を知った上でリアルで見た人達と、あとから状況を何となく理解した上体で見た新参の違いも大きいのかな、とも思います。
そこを加味した上でRidgerPが与えた影響と言うのは、やはり大きかったんだろうな。
それは分かります。
だからと言って、「作品を観ないでマイリスする」のはいかがなものでしょうか?

俺はニコニコの一般会員です。
マイリス上限は、ご存知の通り100件です。
必然、マイリスする作品と言うのはかなり厳選されます。
対してプレミアム会員のマイリス上限は12500件。
これなら好きな動画を何も考えずに、次々マイリスできます。
好きなPなら、全ての動画をマイリスしても余裕でお釣が来るでしょう。
だからと言って作品の評価に関わらず、「RidgerPだから」の一言で問答無用でマイリスする。
その事実に、疑問を持ってしまったんです。
もちろん先に言った通り、リアルでRidgerP作品と触れ合ってきた人達には、彼の作品と言うだけで持つ意味が見ているだけの俺とは明らかに違うのは理解できます。
ならば、RidgerP作品なら何でもいいんですか?
もちろんそんなことは無いんでしょうが、例えば彼が何かの気の迷いでR18作品を上げても?
彼をバカにするつもりも、貶めるつもりも、俺にはありません。
でも作品の評価は、作者で決まるものじゃないと思うんです。
どれだけ影響を受けたとしても、盲目的に評価するのは、彼も望んでいないのではないでしょうか。
やはり作品を観て、その上で評価して欲しいと思っていないでしょうか。
好きであることが、逆に彼の負担になってはいないでしょうか。
これはプレミアム会員の特典が、逆に仇になっているような気がするんです。
余裕があるばかりに、考えることをしなくなってしまってはいないでしょうか。
本当に好き「ならばこそ」、きちんと評価すべきではないでしょうか。

ある方のブログで見た一言から、ずっと気になっていた事です。
俺の考え方の方が、偏っているのかもしれません。
もちろん俺の言っている事の方が、正しいだなんて言っている訳でもありません。
ただやはり、好きなPだからと言うだけで評価するのは、何か違うような気がするんです。
ネームバリューは絶対評価ではないと、俺は思っています。

でもやっぱり、ネームバリューの影響力は避けて通るのは難しいんですよね。
それを痛感したのが、今回一番紹介したいこの動画です。

時雨P:如月千早 -Make the world from one.?“Tiger Eyes”-


以前から言われていた「Tiger Eyes」を使った動画が上がっていました。
先のブログで見つけて、記事の内容は動画を見てからと書かれていたので、まず視聴しました。
初見時は、理解できませんでした。
理解できた事はひとつだけ。
「千早も、時雨Pも、しんどそうだな。」
その後ブログの記事を読んで、改めて視聴。
確かにやりたかったこと、表現したかった事は理解できました。
でも成功しているようには見えませんでした。
どちらかと言えば、無理をしたように見えました。
まるで何かに怯えるように。
何かに追いたてられるように。
「作らなければならない」と言った「義務感」みたいなものばかりを感じました。
そこまでして、作らなければならなかったのか?
そう思った瞬間、ふと思いついたんです。
この動画が、時雨Pの作品じゃなかったら、どんな評価になったんだろうって。
後になって気づいたんですが、動画の中にも同じような意味のコメントが入ってたんですね。
もしかして、「時雨Pの作品だから」評価が辛くなってやしないだろうか。
逆に時雨Pの動画じゃなかったら、もっと評価が低くなったりしてただろうか。
動画の評価が、時雨Pのネームバリューに引き摺られてないだろうか。
俺の方こそ、「時雨Pのネームバリュー」に囚われてるんじゃないか?

そんなことはない、とは言い切れません。
恐らく時雨Pの動画「だからこそ」、必要以上に期待していたんでしょう。
時雨Pは何時も、期待以上の作品を仕上げてきたイメージがあるから。
今回もきっとやってくれると、勝手に思い込んでいたのかもしれません。
そして出来上がってきた動画が、俺の期待していたほどではなかったから。
それだけの事で、評価が低くなってるんじゃないか。
だとしたら、まず俺の方が気持ちを新たにする必要があるんでしょう。
時雨Pだからと言う色眼鏡を外して。

それでもやはり、この動画からは何よりも「しんどさ」が伝わってきます。
製作時に決めた「縛り」は、何故必要だったのか。
いつもの「時雨節」全開では、表現できなかったのか。
疑問はやはりあります。
ただそれらの事を鑑みて、それでも言いたいことがひとつ。

「見事なプロデュースでした。」

これだけは伝えたかった。
やっぱりやれば出来るんですよね。
それだけの力は持ってるんですから。
全編までは言えませんが、魅力的な千早が確かにいました。
SSも含めて、今後も見続けて行きます。
やっぱり「時雨Pの千早」を見たいから。

最近思うことをシリーズのように更新してきて、俺自身も自分のことを見返すいい機会になりました。
ここまで色々の事を言ってきました。
これからも、このスタンスでしか自分のことは表現できないのが俺です。
そのためにも、俺自身がいろいろ変わって行かなければいけない事があるんでしょう。
それが何かはまだ見えません。
でも少しずつでも変わって行きたいと思います。
この方面からのアプローチが、俺にしか出来ない事だと思っていますからね。


スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

>>よたさん
>盲目的に評価するのは、彼も望んでいないのではないでしょうか。
それはそうでしょう。
全肯定されることが完全に分かっているならもはや新作を出す意味は薄れてくるでしょうし、
生の感想を作り手は常に求めているでしょうから。

自分は肯定するしない以前にRidgerPの作品を殆ど観てきませんでした。
避けていたといっても良い。
その理由ですが、細々した理由を除けば2つあります。
一つ目はあまりに周りがRidgerPの名前を盛り上げるもので、動画そのものにイマイチ集中できないということ。二つ目は、自分のような「以後」の人間には動画に対するコメントがしずらい・・・というこの2つです。
特に2つ目は結構深刻で、なんだか自分が場違いな場所にいるような気がしてくるんですよね。

これは生放送などでもそうなのですが、上のふたつの理由でどうも作品世界に入っていきにくいという気がいたします。生放送では確かにコメントなどでリアルタイムのコミュニケーションが成り立つという利点はあるのですが、動画そっちのけで全然別の話に夢中になったりすることもかなりあります。
語り部屋で自分が動画に対するコメントを一生懸命しているときの話なのですが、「ちょっと語りすぎは萎えるかも」という意見を貰った事がありました。この件はそれに近いと思います。特に初見さんに見てもらうのであれば、やはり動画そのものを観る事に集中して欲しいので、今は事前情報をいくらか伝えてから動画を生主(ジャバラPですw)に再生してもらい、本編中のコメントは必要最小限にとどめています。時間があるならば合計2度動画を流してもらい、一度目は観るだけ観てもらって、語るのは2度目の再生の折にしたりと一応工夫はしてるつもりです。(ガチ作品の話。ネタでは好き放題やってますよw)

コメント機能はニコニコの根幹にして、その効果も色々。問題も色々なんですよねー。

>「作品を観ないでマイリスする」
ニコニコ動画ではないですが、似たような話を知人から聞いたことがあります。
ある歌手兼声優で歌唱力に優れている女性タレントのファンクラブの一ファンの話なのですが、
そのタレントのCDを買ったまま聴いていないことがあるとか・・・。
自分的には「ありえない」って思いました。
その「ファン」の人物は古い表現をすると所謂「ボンボン」で、
作品そのものに触れる事、つまり歌を聴く事をしないで、
お金を「出してあげた」事でファンとして満足していたとかどうとか。
言い換えればタレントのファンクラブの一員なんだからいいでしょ?みたいな。
田舎モノで小遣いも少なめだった自分には想像もつかなかったのですが、
マイリストの一件は近いものがあるかも知れませんね。

ニコニコの件だけではなく映画やアニメなんかでもそれは同じな気がします。
なんとなく娯楽作品全般に対する姿勢というか風潮が変わってきてるような。


>「千早も、時雨Pも、しんどそうだな。」
それも含めて自分は評価しました。
が、動画の背景に関して多くを知ることは必ずしも良いことばかりではないとも考えてはいます。こういうことはラジオや生放送が始まった頃から感じていた事ですが、功罪両方ありますよね。ぶっちゃけ作品に対して無垢な姿勢で臨みたければP名は見ないほうがいいでしょう。ブログのコメントも本当は読まないほうがいいかもしれません。
これは実に難しいテーマだと思います。

言いたいことは沢山頭の中にあったんですが、
纏まりませんでしたw スイマセン。
ツッコミあればヨロシクお願いします。

いい記事だね!この生々しさ溢れる記事は好き。
視聴者によって考え方や作品に対する解釈は十人十色なわけですが
その人がどう思ったかって凄く興味深いんですよね。
自分の思ったことをそのまま素直に書けるって素晴らしいと思います。

よたさんのような方は、2年間活動をしてきて二人目でしたw



自分にとって比較・検証はwhoP動画の中でも数少ない「嫌いな動画」ですw
だって、都合のいいコミュだけ引っ張ってきて、はいどうですかと言われてもねぇ…
美希のプロデューサーには全部お見通しですよ、としか。

無印覚醒ルートでも朝の挨拶やレッスンでは表ルートと共通の台詞が使われてて、
見ようと思えば覚醒あふぅは見られるのにその辺りもノータッチ。
この時ばかりは流石にひどいと思いましたw

マイリス=評価 っていう考え方はどうなんですかね。
確かにマイリスが増えればランキングや週マスに載る可能性はあがりますけど。

自分も100個しかマイリスできない時には、
「この作品は、他のものを消してまでマイリスする価値があるのか」
なんて面倒なことを考えていました。
でも、
「とりあえず、マイリスだけしておいて後で見よう」
「ちょっと気に入ったから後でまた見るかも」
とかそういう軽いノリでマイリストを利用する人がいても全然おかしくないですよね。

「本当に好き「ならばこそ」、きちんと評価すべき」という意見も理解できますが、
そのこととマイリストに登録することとを、あまりにも密接に考えすぎているのでは。
まあ、そんなことを言い出すと、「そもそも評価って何よ」「というか評価する必要なんてあるのか」
ってことになってきますけどw

俺はマイリスの仕方なんかも評価として入れるものもあればそうでないものもあります。
ニコマス関係ではとりあえずマイリスして後で見ようという用途の他に、好きなPの動画であればそのPには"今後もがんばってほしいので"という思いを込めてマイリスしたり、+アルファとしてニコマスという枠組みのひとつとして見てマイリスしたりコメントしたりします。

自分のニコマス見た、見出したきっかけはジャンルのゲームタグ新着コメント順で表示されてたニコマスをたまたま踏んだことだったので(踏んだのは時雨Pの動画でしたw)他の人でそういうこともないかなーなんて思いながら。

あと、Tiger Eyesは宣伝入れさせてもらったんですが俺は好きです。
よたさんがいう義務感とかも感じましたが、そんなものは少し名前を覚えられたPには誰にも少なからずあるし、逆に好きっていう気持ちが強いほど義務感抱くものだと思う。
それを分かってても尚、マイリスしたくなりました。

ここで待ってるよ。なあに、みんな一周してここに来るんさw
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4493276

返信1

コメントしてくれた皆さん、本当にありがとうございます!
こう言う反応が欲しくて書いた記事なので、マジ嬉しいです。
レスは長文になったりもするので分割しますけど、ちゃんと皆さんに書いていきます。

まず。
>>Tomさん
>RidgerPの作品を殆ど観てきませんでした。
俺もほぼ同じですね。
やはり知らないと、見てはいけないような雰囲気がありますね。
それは作者の意図した物ではない筈、なんですけどねぇ。
コメントにも「知ってるのが当たり前、知らないヤツなんて見なくていい」的なイメージのものもチラホラ見受けられますし。
間口が狭くなってるのは、否めないと思います。

>タレントのファンクラブの一員なんだからいいでしょ?みたいな。
あるあるwww
ファンって、そう言うものじゃないんじゃないかな。
それがダメとまでは言わないけど、でも俺はやっぱり認められないな。
ある意味、対象をバカにしているようにも見えちゃって。

>それも含めて自分は評価しました。
それが出来なかったのが、今回の記事のテーマです。
まず何より、俺自身が一番「時雨P」のネームバリューに囚われていたという事実。
さらには、あの「Tiger Eye's」であること。
この二重の色眼鏡越しでこの動画を観ていたのが、俺だったんです。
そりゃ正当な評価なんて、出来る訳がありません。
そんな自分に対する戒めが、今回の記事を上げた理由です。

「最近思うこと」は、今回も含めた六本の記事で一本のエントリーとなってます。
今回が「番外」になっているのは、本来書く予定のなかった部分だったからです。
時雨Pの動画が上がってこなければ、ニコマスから飛び出した話題になっていたと思います。
それがニコマスだけで纏められたのは、時雨Pの「Tiger Eye's」が上がっていたからこそ。
締めに紹介するには、あまりに良すぎるタイミングで上げてくれました。
六本の記事はそれぞれ違うことについて語っています。
でも少しずつ関連を持たせて、全体で一本のエントリーになるように考えながら上げました。
今のニコマス界隈に感じていたこと。
けん引役のP達について思っていたこと。
俺自身が出来る事、これからやっていきたい事。
そして、この記事を読んでくれた人達に、「何か」を感じて考えてもらう事。
今回の記事は、最期の一点について大成功になったようです。

長くなりすぎて纏まらなくなってきましたw
まずは自分の姿勢を正すことから始めます。
言いだしっぺが何もしないわけにはいきませんからね。

返信2

>>arakawa77さん
>この生々しさ溢れる記事は好き。
ここに来るまでに、かなりの事を書いてきましたからね。
今更取り繕っても遅いでしょうから、突き抜けてみましたw
俺の解釈にも興味をもってもらえた事は、本当に嬉しいです。
ただやはり俺自身が「時雨P」のネームバリューに囚われていたから、正当な評価が出来ていないと思うんです。
今後のニコマスの見方に対するひとつの考え方を、この動画から教わった気がします。

>自分の思ったことをそのまま素直に書けるって素晴らしいと思います。
それしか出来ないだけですwww



>>時雨P
本人に読んでもらえたばかりか、コメントまで残してくれて。
本当にありがとうございます。
この記事を書き終えて、ひとつはっきりとしたことがあります。
「俺はやっぱり、時雨Pの千早が好きだ」ってことです。
今回の動画の評価は、これ以上にはなりませんけど、次回作からは、もっと素直に見れそうです。
ところで。
コメントの内容は、褒め言葉と受け取っても大丈夫なんでしょうか?



>>ぐうりんだいP
>whoP動画の中でも数少ない「嫌いな動画」ですw
そう言う反応が欲しかったw
なるほど、美希のプロデュースをしたことが無ければ知りえない話です。
コミュ以外の美希も知っていればこそ、ひどいと言えるんですよね。
俺みたいな見る専には、ホントに貴重な情報です。
ただそれを踏まえても、whoPが見せたかった物があの動画にはあると思うんです。
つまるところ贔屓目というヤツでもありますから。
少なくても、あの動画とであった事で美希の事が好きになれたのは事実です。
だからこの動画は、俺にとっては特別なんです。

返信3

>>みみけさん
>マイリス=評価 っていう考え方
ちょっと分かりにくかったかもしれませんが。
視聴した動画を「お気に入り」として登録するのが「マイリス」だと思ってるんです。
視聴→気に入った→マイリス、と言う流れが俺にとってのマイリスの意味なんです。
そもそも「評価」なんて個人の独断でしかないものです。
でもそれは、見てみなければ分からないものでもあります。
俺は、作者は「マイリスしてもらうため」に動画を作っているわけではないんじゃないですか?と問い掛けをしているだけです。
仰るように、軽い気持ちでマイリスを使う方が居ることも知ってますし、それが悪いと言うつもりもありません。
ただ特に考える事もなく、「とりあえず、マイリスだけしておいて後で見よう」 と言う考え方は、俺は賛同できません。
本は読んでもらうために存在します。
CDは聞いてもらうために存在します。
ニコマス動画だって「見てもらうため」に投稿されてるんじゃないんですか?
だからマイリスする前に、まずは見てみませんか。
時間がないから「とりあえずマイリス」するんじゃなくて。
時間がある時に、改めて廻り合ってからまずは見てみる。
それが気に入ったと評価できたら、初めてマイリスする。
たかが自己満足のMAD動画の世界で、そこまで考えなくてもいいんでしょう。
でも俺は、動画では有りませんが「製作側に携わった事がある」ものですから。
作った物に対する扱いが、「何となく手にしただけ」で中身がほったらかされてたらやっぱり寂しいです。
あまりに大量にマイリスできる事をいいことに、考え無しにマイリスをしていないでしょうか。
考え無しにマイリスする事で、作者に対する礼を失してはいないでしょうか。

考え方が硬すぎることは承知してます。
ただそんな考え方もある、と言うことを知って欲しかった。
そしてその事について「何か」を感じて、考えて欲しかった事が今回の記事の本音です。
その意味では、みみけさんのコメントは一番欲しかった反応でした。
最後になってしまいましたが、コメントしてくれて本当にありがとうございます。



>>ティンティンP
マイリスもコメントも、用途は色々有っていいと思います。
ティンティンPのような使い方も、もちろんアリです。
ただみみけさんへのレスの中にあるように、あまりに大量にマイリスの枠があるからと言って、考え無しにマイリスするのはいかがなものでしょうか。
ティンティンPだって、自分の動画が見てもらうこともなくマイリスされていたら、やっぱり寂しくないですか?
例え自己満足のMADだって、やっぱり見てもらうために投稿されているわけでしょ。
だったらやっぱり、まずは「見る」所から始めてみませんか?

>Tiger Eyesは宣伝入れさせてもらったんですが俺は好きです。
それでいいんです。
俺が低い評価しか出さなかったのは、俺自身が「時雨P」のネームバリューに囚われていたせいですから。
これが時雨Pの動画でなかったら、どんな評価をしていたのか。
少なくとも時雨Pの動画「だから」、評価が低くなったのは事実です。
そこを考え直し、自分自身の襟を正す意味も込めて、今回の「好きではない」動画の紹介になりました。
こんなに物申す記事を上げている以上、無責任ではいられませんから。



>>cha73さん
YES♪
でも、何故グラビア下着ミズギ2www



>>コメントをくれた皆さん
まずはこんな長文にお付き合いいただいたこと、ホントにありがとうです。
こんなにコメントをもらえるなんて思ってなかったので、正直驚いています。
俺としては、欲しいと思っていた反応ばかりがコメントされていたので、PC前でリアル小躍りしてました。
俺の文章は分かりにくいうえ、誤解を招くような表現をワザと使ってます。
そんな反応が欲しくて書いている、つまり確信犯なんですね。
おかげで自分には見えないものや、違う考え方の触れることが出来て嬉しく思います。
今後もこんな感じの記事しか「書きません」が、もし良かったらこれからもお付き合い頂けると、ウレシイナ。

重ね重ね、ありがとうございます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

>>秘密コメントさん
評価なんて硬い表現がいけなかったんですよね。
見た動画が「好き」か「嫌い」か、と言うお話しにしたらもっと分かりやすかったんでしょう。
でもその辺も含めて、ワザと誤解を招く表現にしてあります。
その方が、記事を読んだ皆さんに考えてもらえると思っているからなんです。
そう言った意味で、わざわざコメントしてもらえたことは、本当に嬉しいです。

あと、常連のTomさんとのやり取りを見てもらえれば分かりますが。
この程度は俺のブログじゃ長文にはなりません。
長文と言うなら、この三倍くらいは無いとダメです。
そこを踏まえて、長文コメントは熱烈大歓迎ですwww

改めて、コメント本当にありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

>>秘密コメントさん
今回に限り、格納前のお約束の一言を付け忘れてましたね。
ごもっともです、が。
そこも含めて、記事を読んだ方に何かを感じて考えて欲しいと言うのが、この記事の主旨です。
これが良くないと思うのなら、ご自身ならどう表現したらいいのか。
この記事を反面教師に、良い方向に考えてもらえるといいと思ってます。
他の方へのレスに書いてますが、誤解を招くような書き方を「ワザと」しているのはそのためですから。

その他、何か思いついたことでもあれば、またコメント下さい。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yota323.blog63.fc2.com/tb.php/164-c002d79e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

よた

Author:よた
色々と残念な親父です。

でも人生楽しんでます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
ご挨拶 (9)
SS (16)
ニコマス (125)
ニコニコ動画 (17)
はるるん (30)
雑記 (28)
携帯 (2)
美希 (27)
iM@S SP (2)
VOCALOID (34)
ネタ (3)
雪歩 (9)
MikuMikuDance (45)
写真 (10)
JAXA (13)
UTAU (4)
アイマス2 (5)
重音テト (2)

フリーエリア


My List
by yota39

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。