観葉植物
与太郎の妄想独り言

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひねくれ者

何だか今日は、「千早の日」とかで盛り上がってる方々がいらっしゃいますが。
そんなものお構いなしで、「GO MY WAY!」なよたです。

実は以前からちょっと気になっていた記事があったんです。
今日はそれについて語ってみたいと思います。
ある意味、天邪鬼的な内容ですがそれが「俺クオリティー」だと諦めてください。

ただ、語りはガチですよ?






爽快Pの主催で行われている「じっくり語り語られてみよう」なんですが。
こういった企画は見ているだけで、参加しようとは思わないんです。
何だか、俺がしゃしゃり出るのは違うような気がして。
というか、わざわざ企画の乗らなくても何時もやってるしwww

しかしエントリー作品に、R(略)Pの「ロストマン」がありまして。
示されていたお題も、ちょっと魅力的だったんですよね。
どうしようかな、と考えてたら。

締め切り、過ぎちゃいましたwww

でもまぁ気になってたことだし、せっかくなんでお題にそって語ってみようと思います。
ではまずは、御覧頂きましょう。

R(略)P:アイドルマスター 『ロストマン』


実はこの動画、紹介するの二度目なんですよ。
新作紹介で、記事にしてたんです。
でもその時は、初見感想を書いただけでした。
ですから今回の記事は、完全に別物と考えて下さい。

さて、それでは早速参りましょう。
示されたお題の一つ目。

1.内容について
動画のタイトルである”ロストマン”は、直訳すると”迷子”という意味になります。
なので自分はこの動画の中で、Pを迷子にしてみたつもりです。
その事を前提として、この動画のPは何故迷子になってしまったのでしょう?
動画からだけでなく、想像を含める形でも問題ありません。

「迷子」とはなんでしょう?
例えば、自分の現在地と進むべき方角を見失って、立ち往生している様。
例えば、親とはぐれてしまった子供。
しかしこの動画の中に出てくるPは、そのどちらとも違うと思います。
何故なら俺には、このPは既に進むべき方角を知っていて、そこに向かうための出口の前に立っているように見えたからです。
ただその出口・進むべき方向に背を向けて、自分の歩んできた道程を見返して後悔している。
選んできた選択。
進んできた方向。
そして最後に別れてしまったアイドル。
それら全てが、「本当に正しかった」のか、自信がなくなってしまった。
「間違えていた」のではないか、と後悔している。
そう、彼は「気持ちの迷子」なんだと思います。
それは何よりも大切に思っていたアイドルの将来を思い、「別れ」を選択してしまった事への後悔のためでしょう。
笑顔で見送りながらも、心のどこかで感じてしまっていた「最後」。
しかし、迷い、辿り、行き着いたところは「出発点」。
そこにあった最初の「思い」。
そして辿ってきた道程にあった、数え切れないほどの「思い出」。
そして何よりも、自分を「待ってくれている」アイドル達。
立ち止まって後悔していても、何も変わらない。
これから先も、必ず正しい選択が出来るわけじゃない。
それでも前に進まなければ、何も変えられない。
例え間違ってしまっても、後悔しないために。
別れたアイドルと、もう一度出逢うために。
胸を張って、自分から逢いに行けるようになるために。
彼は背を向けていた出口へ向き直り、進むべき場所へ向かって行きます。
自ら目指した「最高のプロデューサー」になるために。

それでは二つ目のお題です。

2.映像について
貴方は、普段”静止画主体”の動画をよく観ますか?
よく観られる方はどの辺りに注目して観ているか、
あまり観られない方はその理由を教えてください。

また、その書かれた事を考慮したうえで、この動画(特に静止画部分)はどういった感想を持ちましたか?

「静止画主体の動画」ですが、俺は元々ボーカロイド側からニコマスに入ってきました。
ですから、大元に観ていた動画は静止画主体の物ばかりでした。
言葉通りの動画は、ニコマスで観るようになったんです。
そう言った意味では、静止画が主体かどうかと言うのは気にした事がありませんでした。
どちらでも、イイモノはイイ。
敢えて言うなら「観ます」。
注目している点・・・・・・。
動画では表現できない「イメージ」でしょうか。
動画には動画の、静止画には静止画の得意な領分があると思います。
具体的に表現できないのが、もどかしくもありますが。
動画は「動いている」分、訴求力に長けている反面、視聴者の想像力の入り込む余地が大変小さい物です。
静止画は「動かない事」で、視聴者のイメージによる解釈が作品の評価に結びつきやすく、大きな反響を呼びやすい反面、やはり訴求力が弱いために見落とされがちになり易いかと思います。
どちらにも一長一短がありますから、選んでみる事は俺は基本的にしません。

この動画の静止画部分はP視点で描かれていますので、大変感情移入がしやすいと思いました。
画面の中のPに向かって「頑張れ!」と、声を掛けたくなっている自分がいました。
思い悩んでいる様子。
涙を流しながら、自分を奮い立たせようとしている様子。
そして何より、アイドルへの思い。
それら全てを自分に置き換えて。
いや、自分を画面の中のPと重ねて。
静止画であることで、よりいっそう感情移入がしやすかったと思いました。

静止画が主体であろうがなかろうが、良作であることには変わりありません。
ただR(略)Pの静止画主体の作品群は、とても丁寧に作られていると思っています。
今後もこんな良作を期待しています。

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

>わざわざ企画の乗らなくても何時もやってるしwww

うちのブログもいつもそんな感じです。普段と同じ事をお題付きでやってるだけなんですよねw

ロストマン、私は今回初めて拝見したのですが、あれ良かったですよね。
登場するPがほんとに好感もてるやつで・・・。
プロデュースする時はこうありたいものです。

企画に参加していただければ,Pからの直接返答が確実になる,というウリがありますよ!
確実にPに語りを読んでもらえるってのも張り合いがあるものです
次の機会,もしよろしければご参加くださいなw

Re: タイトルなし

>>arakawa77さん
>普段と同じ事をお題付きでやってるだけなんですよねw
そうなんですけどね。
俺は特に箱○持ってないので、完全な見る専ですから。
それで参加するのは、おこがましいかな、なんて思ってたりするんですよ。
まぁ、考えすぎだとは思うんですけどね。

>私は今回初めて拝見したのですが
それはモッタイナイw
いや、ホントに手放しで応援したくなるほど、いいヤツですよね。
こんなPになら、どのアイドルも任せられるのになぁ。


>>爽快P
直々のお越しとお誘い、本当にありがとうございます。
以前から俺の拙い記事を紹介してもらってるにも拘らず、ご挨拶もせずにサーセン。
さらに勝手にリンクまで張らせてもらってて、重ね重ねサーセン。www
「俺なんかが」みたいな思いもあって、今まで参加をためらってきました。
今後また、ティン!ときた物があれば参加してみようと思います。
まずは、「2009年上半期ニコマス20選」に参加してみます。
これからもよろしくお付き合いの程、お願いします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yota323.blog63.fc2.com/tb.php/138-aa264f20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

よた

Author:よた
色々と残念な親父です。

でも人生楽しんでます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
ご挨拶 (9)
SS (16)
ニコマス (125)
ニコニコ動画 (17)
はるるん (30)
雑記 (28)
携帯 (2)
美希 (27)
iM@S SP (2)
VOCALOID (34)
ネタ (3)
雪歩 (9)
MikuMikuDance (45)
写真 (10)
JAXA (13)
UTAU (4)
アイマス2 (5)
重音テト (2)

フリーエリア


My List
by yota39

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。